自然派住宅

  • 0120-69-4108
自然派住宅コンセプト
心と体の健康を考える家づくり
自然を見習い、化学物質を極力避けた天然素材の家づくり
自然派住宅の家は天然の素材にこだわり、化学物質を含む素材を極力減らしました。
シックハウス対策に取り組み、アトピー性皮膚炎の原因となるダニの発生を防ぐことを考え、空気環境にも十分配慮し、子供からお年寄りまで安心して長く住んで頂けるような仕様を心掛けています。
天然の木を用いることで 生まれる4つの効用
  • 吸臭効果 木には臭いを吸収する性質があり、天然素材を部屋にたくさん使用することで、木が半永久的に臭いを吸い続けてくれます。
  • 精神安定効果 森林浴で気持ちが良くなるのと同じように、精神安定作用や殺菌・殺虫効果作用があります。
  • 吸放湿効果 木は、湿気の多いときには湿気を吸って、多いときには放出する性質を持っています。
  • 耐久性 天然素材は何よりも長持ちし、使うほどに味わいをかもし出します。日本の伝統建築はみな木・紙・土を使い何百年という耐久性を誇っています。
実績の高い安心と安全の構造
  • 構造材は、地元埼玉県の秩父杉

    地元の気候に合った素材を使うことでお家そのものが長持ちします。宮崎県にある高千穂神社でご神木として樹齢800年の秩父杉が奉納されています。由緒ある地木です。
    材料から地元の風土にあったものを使うことで、家そのものが長持ちすることにつながるのです。

    構造材は、地元埼玉県の秩父杉
  • 厳しい環境下でも、気品のある外観を守る防炎瓦

    天然原料を使用した自然の瓦。四季の変化、台風など気候の変わりやすい日本の風土に合わせた耐久性と耐風性高めた陶器瓦です。

    厳しい環境下でも、気品のある外観を守る防炎瓦
  • 自然を肌で感じられる通気工法

    木材の持つ通気性と合わせて外壁と断熱材の間に、すき間を作ることで空気の流れをつくり、たまりやすい屋根裏の空気の流れもスムーズにさせます。これにより、冬は結露を防ぎ、夏は熱気のこもりにくい快適な居住空間を実現します。

    自然を肌で感じられる通気工法
  • 森林恵®は化学薬剤を全く使わない防蟻材

    有効成分100%天然のシロアリ防除・木材防腐液です。

    1. 防蟻・防虫効果:シロアリ、ダニ、ゴキブリを寄せ付けません。
    2. 抗菌効果:カビや細菌を寄せ付けません。
    3. 精神安定効果:ひばの香りが気持ちをリラックスさせます。
    4. 消臭・脱臭効果:不快な臭いを抑えます。

    自然を肌で感じられる通気工法
  • 震災に強く外気の温度差に効果を発揮するSRC基礎

    頑強な躯体構造だから、外気の温度差の影響を受けにくく家が長持ち!地震や台風に強い、これからの基礎工法として期待されるSRC基礎【蓄熱床工法】。
    強固な地盤支持力が得られるほか、外気の温度差の影響を受けにくい蓄熱により、天然の冷暖房効果が期待できます。

    自然を肌で感じられる通気工法
    SRC基礎は地熱を利用した天然の床冷暖房です。夏は天然の床冷房25℃効果を発揮させます。また冬は、15℃の天然床暖房に温水式床暖房をプラスして20℃効果を発揮します。
    床暖房により一度温まったコンクリートは温度がさめにくく、長時間暖房効果を維持します。(※場所や地域により温度誤差が多少ございます。)
    自然を肌で感じられる通気工法
耐震住宅に付加される、制震装置による建物性能のUP

そもそも耐震とは何でしょうか?お家の強さで地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぐことです。建築基準法では、震度6~7程度に対して倒壊・損壊しない程度とあります。しかしながら、熊本地震では、新築住宅でも倒壊したケースがありました。木造住宅では、太い柱や太い梁にすると強くなると思われがちですが、そうではありません。プランにもよりますが、耐震性能は耐力壁の強さで決まります。

耐震は、地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぐことです。免震はゴムなどを介して建物と地盤を切り離し、建物に直接揺れを伝えないようにすることです。そして制震は、建物に組み込んだ制震装置で地震のエネルギーを吸収し、揺れを抑制することなのです。つまり、電車で走行中に足で踏ん張るのが、耐震。電車で走行中にスケートボードが揺ら揺らして、体に揺れを伝えないのが、免震。電車で走行中に、膝や腰や背中などで揺れのバランスを取るのが、制震です。

耐震を高めるだけでは、地震の力がストレートに建物に伝わる為、家具等が転倒したり、限界が生じる恐れがあります。住宅への負担を減らす為に、制震や免震をプラスすることが必要と考えております。しかしながら、免震は有効な手段ですが、さまざまな制約がありコストも高額となり、戸建て住宅には向いていません。その点、制震は、ローコストで設置が可能です。半永久的に継続して作用する効果など、さまざまなメリットがあります。

住宅では、耐震等級が1~3までありますので、等級3へUPするのも良いでしょう。しかし、当社では+@の発想で、耐震+制振をおすすめします。お家が倒壊・損壊しなかったとしても、普段と同じように住めなかったり、地震保険で補償されるとしても、多大な修繕が必要になるかもしれません。当社では、お家は物と考えておりません。地震や強風で常に頑張って、末永く家族を守ってくれているお家の負担を減らしてあげませんか? それが、長寿命化につながります。

そこで、当社では日本制振システム様と提携をし、住宅に搭載可能となりましたので、ご提案いたします。
必ず必要な装置では無いので、標準搭載にはしていませんが、強く太鼓判を押させて頂きます!

制震装置の必要性

起震器デモ

  • 制震装置なし

  • 制震装置あり

を押すと動画をご覧いただけます。

自然派住宅の安心保障
住宅瑕疵担保保険の10年保証、最高2000万円
(財)住宅保証機構の住宅瑕疵担保保険『まもりすまい保険』に加盟しております。
2回の現場検査(基礎配筋工事完了時・屋根工事完了時)と公的機関による完了検査(完成工事時)を受けて保険証券が発行されます。 当社が万が一の時でも瑕疵による補修費用が保険金として支払われます。
地盤保証は20年間、最高5000万円
建築基準法に準じた地盤調査の結果を第3者(地盤ネット)が評価し、 適格な基礎仕様を提案するとともに不同沈下に対する責任を保証します。
定期点検はお引き渡し後20年間、全7回実施しております
アフターメンテナンスは突発的におこるものです。定期点検だけでなく、すぐさま対処させていただきます!!
  • 半年点検
  • 1年点検
  • 2年点検
  • 5年点検
  • 10年点検
  • 15年点検
  • 20年点検
  • 保険証券
  • 地盤品質証明書

ZEH普及目標

ZEHロードマップ 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
計画 5% 10% 15% 20% 50%
総建築数 14件 12件 18件 12件